彼氏や彼女が異性の趣味友を遊ぶのはアリ?ナシ?

趣味友は趣味友にしかわかり合えない信頼関係や独自の世界観があります。日々ストレスフルな環境で働いている身としては、休日ぐらい趣味友と語りあい・遊ぶことで、日頃のストレスを発散したいという気持ちはわかります。趣味は、ストレスを解消させ、精神・身体を健康に保つためには欠かせない、1つは誰でも持っていたほうがいいものだからです。

 

<複数で遊ぶならアリ>

 

 男女問わず、彼氏・彼女がいるのに、2人で会うのはマナー違反です。オフ会などが開催される飲食店や趣味関連のイベントで、複数でワイワイ趣味について騒ぎ・語り合うのならば、ぜんぜんアリだと思います。複数で会う場所にすら行ってはダメだというのなら、それは束縛であり、個人のプライベートの貴重な時間に踏み込みすぎているように感じるからです。

 

 しかし、あとあと彼氏・彼女にバレると面倒なことになる可能性もあるので、異性がいる場所に出向く場合は、一言事前に告げておいたほうがいいです。やましいことがなければ、告げても何も問題はないはずです。彼氏・彼女の趣味を受け入れられない時点で、交際は長続きしないからです。

 

<趣味の内容によってはダメな場合もある>

 

 個人的にですが、旅行が趣味とか、お泊り必須な趣味であれば、ナシだと思います。日帰りのイベントで楽しむならばいいです。しかし、遊ぶのならば、朝から夕方の時間帯が理想です。できれば、お酒を飲む場は避けてほしいのが本音です。よく、同窓会などで再会したところから意気投合し、間違いが起こるということもあるし、いくら2人きりでなく複数だとはいえ、仕事の社員旅行や出張ならばいざしらず、プライベートの趣味でお泊りとなれば、男女ともいい気はしないはずです。

 

<彼女・彼氏が婚約者ならば話は別である>

 

 婚約者となれば、結婚前提のパートナーなので、彼女・彼氏の同意を得られないのであれば、基本的に異性の集まる場に出かけるのはナシだと思います。結婚前から遊びに行っている場合、結婚後も遊びに行く可能性は高いです。

 

 彼氏・彼女でさえ、本当に好きで愛しているのならば、異性の集まる場に行ってほしくないのが本音なのに、妻・夫となった時点で行かれると、浮気されないか、趣味友関連の費用が家庭に打撃を与えないか不安になるからです。お金がかかる趣味ならば、遊ぶだけでも高いお金がかかるので、結婚後はそういう場に出向いてほしくないと考えるからです。

 

 インターネットで趣味友とコミュニケーションがとれる時代、直接会わなくても、インターネット上で語りあえばそれだけで充分ではないかとも思えます。どちらにしても、彼氏・彼女の信頼関係がきちんと築けていて、何でも隠し事なく話し合える関係であれば、複数で会うタイプの場で、異性の趣味友と遊んでも、何の問題もないので、アリ・ナシは、カップルしだいだとも考えられます。

 

 束縛されすぎても嫌だけど、異性との集まりの場に出向くのに、何も言われない・嫌だとまったく思われないのも嫌な人が多いのが難しいところです。うまい距離感を保ちつつ、異性の趣味友と付き合うことが大切です。